画像
CoQ10の選び方

コエンザイムQ10は、もともと細胞の中に存在する成分で、
私たちの体の中で作られています。

しかし、加齢とともに生成量が減少することで、様々な健康不良が引き起こされていきます。
コエンザイムQ10効果がある病気がこちらに紹介されていますのでご覧ください。

話題となっている、活性酸素を排除する抗酸化作用による
アンチエイジング作用にも注目が集まっており、
ATPの活動をサポートする機能でダイエットにも効果的です。

パーキンソン病・アルツハイマー病・癌・心疾患などにも有効に働くことから
高い人気を誇っています。

需要の高さから、各メーカーよりさまざまな製品が販売されており、
どのような基準で選べばよいか困っている方も多いのではないでしょうか?

COQ10は脂溶性

『ミトコンドリア』という言葉をご存知でしょうか?

ミトコンドリアとは、細胞内構造物の一つでコエンザイムはその中に存在している成分です。

ミトコンドリアはエネルギーを作り出す機能を持っており、
エネルギーの生成に必要なATPの生産をサポートするCoQ10は、
重要な役割を担っています。

本来であれば、人間の体内で生成されるべきものなのですが、
年齢と共に生成は減少していき、サプリメントなどで補うことで健康を保つ効果が得られます。

食事やサプリで補うとなると、気になってくるのが、
『外部から経口摂取してしっかり作用するのだろうか』という事です。

確かに、体内で生成され、適切な細胞に存在しているコエンザイムQ10と、
身体の外からサプリメントなどで摂取したコエンザイムQ10を、
全く同じものとして考えるのは無理があるかもしれません。

以下の事に注意することで、その疑問は解消されます。

吸収率を意識して

コエンザイムは、脂溶性です。

脂溶性という事は、水に溶けにくく、ヒトの身体に吸収されにくいという事になります。

それでは摂取しても意味がない…と思ってしまいますが、

食事ではなく、サプリメントで摂取すると吸収率が良くなる傾向にあります。

というのも、サプリはシクロデキストリンという、水に溶けやすい成分で包まれているからです。

これを【包接体CoQ10】と言うのですが、
吸収率が高く、望んでいる効果が得やすくなっています。

また、シクロデキストリンに包まれていないコエンザイムQ10が変性した物を
摂取する際に懸念される、肝機能などへの悪影響も避けることが出来ます。

包接体の場合は少し価格が高くなりますが、
効果を考えると確かなものを選んだ方が良いでしょう。

素晴らしい成分ではありますが、
身体に吸収されないものを選んでしまってはそれこそ何の意味もなくなってしまいます。

吸収率の高い、安心して摂取できる製品を選ぶようにしましょう。
こちらにお薦めの還元型コエンザイムQ10サプリメント口コミランキングのサイトがありますので良かったらご利用ください。