画像
中高年にピッタリ!

年齢を重ねるとともに、どうしても身体が思い通りに動かなくなってしまいます。
その他にも、30代や40代のころと同じように感じていても、
病気や重篤な症状のリスクは高まってしまっているのです。

関節痛や慢性的な疲労、生活習慣病や骨粗しょう症など、挙げていけばきりがないですが、
これらの症状は加齢とともに圧倒的にリスクが増します。

そんな傾向から年を取るということにネガティブなイメージを抱きがちですが、
もし健康を維持しながら年を取ることが出来れば、こんなに嬉しいことはありません。

コエンザイムQ10は、それを可能にします。
強力な抗酸化作用で美容面でもアンチエイジングが可能ですし、
エネルギーの産出をサポートし、効率化するというのが最大の役割なので、
元気になりたい中高年にはぴったりの成分です。
こちらにもコエンザイムQ10がおすすめな理由がかいてありますので参考にしてください。

生活習慣病

近年では30代から40代などのいわゆる働き盛りの若年層が悩まされていることで、
大きな社会問題にもなりつつありますが、実際には中高年こそ、発症の可能性が高いのです。

代表的な症例としては高血圧や糖尿病が挙げられますが、これらの症状においても、
データ上においては50代・60代と徐々に発症率が上がっているとされます。
特に高血圧はその傾向が強くあらわれていて、日本人の中高年の殆どがリスクを抱えています。

もっとも効果的な対処方法としては、毎日の食生活を改善することに加えて、
定期的に適度な運動を行う事が理想的だとされています。

しかし、どうしても長続きしないという人や上手くいかないという人もいます。
そんな時はCoQ10をためしてみましょう。

一日で効果があらわれるわけではありませんが、定期的な摂取によって、
血中のコレステロール値を下げることが出来るという効果を持っています。
結果的に血液がサラサラになり、高血圧などの生活習慣病発症の危険を避けることが出来ます。

疲労回復

何となく体がだるい、身体が重いという慢性的な疲労の感覚は、
年齢によるものだと感じたことのある人は少なくないでしょう
実際にこれは年齢が原因だと言っても間違いではありません。

年齢を重ねる事によって20歳をピークにコエンザイムQ10の分泌は減ってしまう、
という点が大きな背景になっていることが考えられるからです。

そもそもCoQ10は細胞内に存在しており、エネルギーの生産を最大化するのが役割です。
これが減ってしまっているという事は、エネルギー作りが効率的でなくなり、
生産のスピードが遅くなっているということが考えられます。

細胞は身体中に約60兆個以上もあり、それらひとつひとつが元気がなくなれば、
身体が全体にエネルギー不足になり疲労を感じやすくなるのもうなづけます。

体内での分泌が無理なのであれば、体外から摂取するしかありません。
しかし、食事からでは非常に微量しか摂れないので、結局不足してしまいがちです。
そこでサプリメントが効果を発揮するというわけです。

上手に活用することが出来れば、エネルギーの生産速度があがるでしょう。
結果的に疲労感がとれて、はつらつとした生活を送れるようになるかもしれません。
こちらのサイトにも コエンザイムQ10がもたらしてくれるダイエット効果やアンチエイジング・美肌効果、冷え症改善・便秘改善などの効果について紹介されていますのでご覧ください。